血液サラサラ

三黒の美酢は、高血圧にも効果があるのか?

三黒の美酢は、高血圧にも効果があるのでしょうか? 高血圧のまま放っておくのは、とても危険です。

だからといって血圧の薬に頼るのも副作用が心配されます。三黒の美酢で副作用を心配することなく、高血圧にならないような体質に変えていきませんか?

三黒の美酢が高血圧に良い理由

三黒の美酢には、質の良い黒酢や黒にんにくが含まれています。黒酢や黒にんにくには、血管を拡張したり、血液をキレイにしたりして血液の循環を良くする働きがあります。

血液の流れが良くなることで、自然と血圧を下げる効果が生まれます。

黒酢の高血圧防止効果

【 酢酸の働き 】
黒酢に含まれる酢酸が体内に入り代謝(分解)されると、アデノシンという物質が作られます。アデノシンは血管を拡張して広げる働きがあり、血管が広がることで血液の流れが良くなるため血圧が下がるようになります。

また、酢酸が血管の細胞に作用してNO(一酸化窒素)を増やす酵素を活発にすることがわかりました。体内にNO(一酸化窒素)が増えると、血管の筋肉を柔らかくして血管を拡張したり、血管内のコレステロールの量を抑える働きがあります。

高血圧は、血液の流れが悪いために、無理やり流れようとすることで、血管内の圧力が高くなることが原因で発生します。

血管が広がったり、血液中のコレステロールが減り血液サラサラになることで、血液がスムーズに流れるようになると血圧は下がるのです。

 

【 アミノ酸の働き 】
黒酢に多く含まれるアミノ酸成分は、悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにしてくれます。

黒酢に含まれるアミノ酸のアルギニンは、NO(一酸化窒素)を増やす働きもするのです。

にんにくの高血圧防止効果

【 アリイン 】
にんにくのニオイの元の成分であるアリインは、体内に吸収されると血液中の脂肪の燃焼を活発にして、身体を温めたり、コレステロール値の上昇を抑える働きがあり、血液の流れを良くします。

血液の流れが良くなることで、血圧は低下するようになります。

 

【 硫化水素 】
にんにくを食べると体内に硫化水素が作り出されます。その硫化水素が血管内に入り込むと、血液中の酸素濃度が低下したと思い違いをします。

酸素が不足していると誤認することで、多くの酸素を取り込むために血管を拡張させて広げるために、血圧は低下します。

 

【 スルフィド類 】
にんにくの成分のアリインは、にんにくを切ったりすったりすることで強い臭いを発するアリシンになります。

このアリシンが油(オイル)に溶かすと分解・結合してスルフィド類(揮発性の硫黄化合物)が作られます。

スルフィド類は、血液中の血小板の粘着力を弱める作用(血小板凝集抑制作用)を持っているので、血液がサラサラになり流れやすいので血圧を下げる働きをします。

 

以上のように、黒酢や黒にんにくには、血圧を下げる成分がたくさん入っています。

高血圧が危険な理由

高血圧のままで長く過ごしていると、強い圧力が血管にかかり続けるため、血管が硬くなったり、破裂しやすい状態になります。

血管が硬くなると血液が流れにくくなったり、詰まったりして、脳に届かなくなると、脳梗塞によるマヒや眼底破裂による失明を引き起こしたり、心臓に届かなくなりと心筋梗塞の危険性も高まります。

血液の流れが悪くなることで、ひどい頭痛や腰痛、肩こり、息切れ、動悸、頻尿など、様々な身体の不調の原因となってしまいます。

しかも、高血圧は、別名”サイレントキラー”と言われるくらいに自覚症状が出にくい恐ろしい症状です。今は自覚症状がなくても、放置すると命に関わる病気にまで発展する可能性があります。

高血圧を改善・予防するには

高血圧になると血圧を下げるためには、飲むだけですぐに血圧を下げることができる血圧の薬の降圧剤に頼りがちになります。

降圧剤は、血圧を一時的に下げるだけで、高血圧を治療する薬ではありません。使い続けると目や脳に悪い影響を与える副作用の心配も出てきます。

できるだけ降圧剤を使わないで、血圧を下げる食材を継続して摂ることで、血液の流れを良くして正常な血圧にすることが一番です。

 

毎日、黒酢やにんにくを調理して食事として食べるのが良いのですが、これらの食品を毎日食事として摂り続けることは容易ではありません。

また、黒酢やにんにくは味やニオイが強く、苦手な方もいらっしゃいます。そこで味やニオイを気にすることなく、毎日手軽に摂ることができるようにしたのが、三黒の美酢というサプリメントです。

今なら、980円で三黒の美酢を試すことができます。

三黒の美酢の詳細は、↓▼▼▼ こちら ▼▼↓